発達障害の遺伝的因子はどんなものがありますか?

現在わかっている遺伝的因子は、様々なもの(オキシトシン関連遺伝子、シナプス関連遺伝子、BDNF遺伝子、モノアミン関連遺伝子、代謝系遺伝子、その他)などがあります。

これらの遺伝子の一部が遺伝子変化や遺伝子発現変化が起こることで、遺伝的因子となります。

 

参考文献

  1. 平岩幹男:発達障害 子どもを診る医師に知っておいてほしいこと、金原出版株式会社、2019
  2. 東京小児療育病院 医療スタッフ: 発達障害の理解と治療・支援. 東京、東京小児療育病院、2015
  3. 州鎌盛一: 乳幼児の発達障害診療マニュアル 健診の診かた・発達の促しかた、医学書院、2013
  4. 黒木春郎: プライマリケアで診る発達障害、中外医学社、2016
  5. 平岩幹男編: データで読み解く発達障害、中山書店、2016
  6. Neuman RJ et al: Prenatal smoking exposure and dopaminergic genotypes interact to cause a server ADHD subtype. Bill Psychiatry 61: 13201328, 2007
  7. 神保 恵理子: 発達障害における遺伝性要因 (先天的素因) について. 脳と発達2015; 47: 215-9

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

免責事項

当サイトのコンテンツ(FAQや医療情報)においては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めています。

しかし、新たな医療上の発見や診断分類の策定などによって、情報が古くなることもあります。そのため必ずしも正確性を保証するものではありません。

また、患者さん個人により状況は千差万別であり、安全性を保証するものではありません。

注意事項

発達障害の治療に関しての様々な情報がインターネットなどで散見されます。その中には、極端や食事療法や薬剤の使用等などもあります。現在、発達支援外来で行っている生化学的治療は、患者個人に合わせたサプリメントの調整や、生活全体に対しての包括的な指導を行うことで、その治療効果を得ています。ですから、生化学的治療を行う場合は必ず専門家の指示に従ってください。

自己流での治療や、医療関係者以外が提供する治療を行った場合は効果がないばかりか逆に有害事象が発生する危険性もありますので注意が必要です。また、ご自分のお子さんのことなどで、疑問に思うことはかかりつけの医師にご相談ください。