アイデス・クリニックでの治療費用はどのくらいかかりますか?

年間35万円から40万円程度かかります。

 

アイデス・クリニックで行っている生化学的治療は、基本的に自由診療となります。この生化学的治療は、米国の一部の医療機関等では行われていますが、日本では、まだこの治療法の認知度が低いため保険適応となっていないためです。そのため、治療にかかる費用は、年間35-40万円程度になります。状況によって、治療内容は変わるため費用は、一つの目安であることをご了承ください。また為替変動や、米国の検査会社の意向により、使用するサプリメント代や検査料金が変わることもあります。

 

 

参考文献

1)柏崎良子、発達障害の治療の試み、株式会社ヨーゼフ 2014

2)柏崎良子、栄養医学ガイドブック、学研、2008

3)柏崎良子、低血糖症と精神疾患治療の手引き、イーグレープ 2007

4) 大森隆史、発達障害を治す、幻冬社、2014

5)ジェリー・マシューズ.発達障害の子供が変る食事.青春出版社 2012

6)William Shaw.Biological Treatments for Autism & PDD. GPL 2008

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 

免責事項

当サイトのコンテンツ(FAQや医療情報)においては、可能な限り正確な情報を掲載するように努めています。

しかし、新たな医療上の発見や診断分類の策定などによって、情報が古くなることもあります。そのため必ずしも正確性を保証するものではありません。

また、患者さん個人により状況は千差万別であり、安全性を保証するものではありません。

注意事項

発達障害の治療に関しての様々な情報がインターネットなどで散見されます。その中には、極端や食事療法や薬剤の使用等などもあります。現在、発達支援外来で行っている生化学的治療は、患者個人に合わせたサプリメントの調整や、生活全体に対しての包括的な指導を行うことで、その治療効果を得ています。ですから、生化学的治療を行う場合は必ず専門家の指示に従ってください。

自己流での治療や、医療関係者以外が提供する治療を行った場合は効果がないばかりか逆に有害事象が発生する危険性もありますので注意が必要です。また、ご自分のお子さんのことなどで、疑問に思うことはかかりつけの医師にご相談ください。